ブラジリアンワックスの痛みはどのくらい?

欧米でも大人気の脱毛方法のブラジリアンワックスを知っていますか。ワックスを脱毛箇所に塗って、不織布をあてて毛を皮膚から引き剥がすという脱毛方法です。

 

メリットは自宅でも手軽にできるということ、脱毛後には即毛が抜けていること、脱毛時に古い角質もはがすためお肌がツルツルになるということ、アンダーヘアの形を自分の好みにできるということです。逆にデメリットは1ヶ月もすれば毛が生えてきてしまうことと、脱毛時には瞬間的に痛みを感じるということです。

 

脱毛後1ヶ月もすれば毛が生えてきてしまうということに関してですがレーザー脱毛やフラッシュ脱毛のように毛の組織を破壊して抑毛効果を高めるというものです。それに対してブラジリアンワックスはただ毛を抜くだけですので、毛の組織は破壊されません。ですから、1ヶ月もすると再び毛が生えてくるのです。また、毛を抜くという脱毛方法ですから、やはりアンダーヘアを抜く時は痛いです。

 

想像してみてください。太い毛を抜くときは痛いですよね。1本でも毛を抜くときは痛いのにそれがアンダーヘアのお手入れともなるとやはり痛いです。べりっと毛を皮膚からはがすのですから。ですがそれでもレーザー脱毛より痛くないという方が断然多いようです。ただ、フラッシュ脱毛と比較するとブラジリアンワックスの方が痛いです。

 

痛みを伴う脱毛方法だというのに、なぜブラジリアンワックスは人気なのでしょうか。それは手軽さが要因しているのかもしれません。ブラジリアンワックスで脱毛する部位で一番人気なのはVIOラインです。Vラインは夏の水着になる時期は女性なら誰でも気になりますよね。そんなVラインを自分の好きな形に脱毛でき、しかもその場で毛がなくなるというのは魅力的です。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛をすると毛が抜けるまでに数日から数週間かかります。その期間が意外と厄介です。ブラジリアンワックスはそういったわずらわしさから解放してくれるのかもしれません。痛みよりも即効性を取る女性が多いということでしょうか。